メイスはプレートアーマーをたたきつぶす武器というのが定説だが・・

多分役に立たない。メイスはチェーンメールやラメラーには有効だろう。装甲部分は、刃物前提に切れない事を目的でつくっているから装甲部分が変形する構造では打撃力はそのまま中身に浸透する。しかし、プレートアーマーは打撃を3次元加工した鉄板によって跳ね返す。打撃力は表面に当たると装甲部の強い反発によりエネルギーは拡散する。変形は瞬間的なもので元に戻る。特にマイルドスチールではなくスプリングスチールであれば文字通り(スプリング効果)で潰れることはない。

経験上わかったことだが片手のメイスごときでプレートアーマーを潰すことはできない。写真は両手持ちハルバートで思いっきりやられてときのものでこのヘルムは通常より硬いが鉄だ。

これでさえ、中身は全くダメージはない。ハルバートのヘッドはメイスより重いし、長さもあるのでエネルギーははるかに大きいのだがこのとおり。。

わたしもバトルの時はメイスを使ってみたが 殴るだけ無駄。むしろエネルギーのロスだ。

また、ツーハンドアクスの背側(刃の部分ではない方、刃はないがその分、柄を鉄がとりまいているので鉄の塊だ。ルール的に禁止はされてないが衝撃が強くなるので、あまりをよくない方法)で私がアメリカ騎士の頭を背後から思いっきり殴って(ぶっ倒すには絶好のポジションだった)も振り向いて即座に反撃された。つまり片手メイスよりはるかに強い衝撃をあたえたはずなのだ。

もちろん、メイスが太ももの裏など装甲のないところに当たれば痛いでは済まない。

でもそれなら使い回しの良いダガーをつかうほうがはるかに良い。戦闘距離は接近し同じだから脇の下や股間、アイスリットを狙える。

 

だから今後はメイスはプレートアーマーの対して有効ではない という立場を取る

もちろん衝撃力を一点に集中するピック、ウォーハンマーならばいけるだろう。

 

 

 

 

つぶれヘルムe.jpg