今回は私の肩書きのお話です。「復活サポートカウンセラー」を名乗り出して約半年あまりたち、この間あちこちで名刺やチラシを配りまくってきました。
 
そしてぼちぼち「復活サポートカウンセラーってなに?」という質問をいただけるようになってきました。
 
タイミング的には丁度説明するにぴったりかな、と感じてきましたので、自分の考えを整理しながら色々書いてみたいと思います。

そもそも復活とは、いったん機能しなくなった、または世に埋もれたものが、活動力を盛り返したりしてこの世に現れることを意味するそうです。
 
そういう意味では、まだ病との闘いは続いているものの、私が「復活」を語る資格はあると思いますね。
 
そう言いつつも、やはり「私の復活はまだまだ道半ばだな」と感じることも多々あります。「そんな人間が人さまの復活をサポートできるのか?」という葛藤も、もちろんあります。
 
しかし、心理学を習いたての頃、先生から「できるようになってからはじめたら、後悔する」と言われたことが私にはあります。出来る範囲でできることをしていく決心はこの時に定まりました。
 
「今できる範囲でできることをしていく」のが今の私のサポートだし、カウンセリングなんだと、迷うたびに先生の言葉を思い出して自分を鼓舞するようにしています。
 
元々完璧主義者だった私が、未完成ながらも道を進んでいるのは、自分的にはものすごい変化なんですが、実際見切り発車でも迷いながらでも道を進んでいる今はとても楽しいですね。
 

f:id:cocoroharada:20160507152913j:plain